ゆう歯科クリニック|岐阜県瑞穂市の歯医者|診療のご案内

診療のご案内

診療時間
AM 8:00~ PM 12:30
PM 3:00~ PM 8:00

★土曜日はAM8:00~PM1:00、PM3:00~PM6:00

【休診日】木曜日・日曜日・祝日

※木曜日は調整日として診療する場合あり

診察室風景

一般歯科・小児歯科

一般歯科はもちろんですが、小児の歯のお悩み解消にも力を入れています。
気になることがあれば、ぜひご相談ください。

虫歯治療

虫歯は着色程度のものから重度のものまであり、主に口腔内のミュータンス菌が原因となる疾患です。
虫歯は初期ではほとんど自覚症状はありませんが、重度になると痛みが大きくなる事が多く、放置すると歯の根の先が膿んできたり、ひどい場合は顔まで腫れて、点滴や座薬が必要になることもあります。
痛みが出ないまま、症状が進行する事もあります。
大切なのは虫歯の進行度合がどの時点までいっているかを正しく診断し、それに対して適切に処置をするかどうかという事です。
これらは一見簡単なようですが、非常に判断が難しいため、長年の実績と多くの臨床経験が必要になります。
炎症の度合や時期、虫歯の深さなどに対して、それぞれ適切な処置が少しずつ異なるのがその理由です。
当院では炎症の時期、度合を適切に判断する事を重要視しており、適切な判断と処置を行うよう心がけています。
そして、その歯の現状の説明と今後の治療や予後などについても、詳しくご納得いただけるまで説明するよう心がけています。

補綴治療(かぶせ)

補綴(ほてつ)治療とは「かぶせもの全体」を示しています。
神経を残して一部分のみを修復する方法や、欠損の前後を削りブリッジにする方法、あるいは1本だけを全体的にかぶせる方法などのことを言います。

補綴治療は治療の最終段階で行いますが、根の治療がどれだけうまくできていても、歯の形成が上手くできていない場合や、型をとる工程や模型に使う石膏の種類、石膏の流し方、混ぜ方、技工士の技術などが高いレベルでないと合わない技工物となってしまいます。

当院では全ての工程にチェックをいれる事、当たり前ですが型をとる材料や石膏はよいものを使用する事、症例によって細かく石膏を使い分ける事、技工士さんは高い技術や最新技術をもっている方にお願いし、症例に応じて得意分野に応じて細かく発注先を変える事、技工士さんたちも医院の大事なスタッフとしてプライベートでもお付き合いし良好な関係を維持するよう努めています。

義歯

義歯は大きく分けて「部分義歯」と「全部義歯」の2種類となります。
義歯に関しても型をいかに上手くとるか、そして噛み合わせをうまくつくるか、そして技工士の丁寧で綿密な技術力が補綴と同じく必要になってきます。

当院では義歯の設計に関して歯科技工士とよく話し合って設計を決めていきます。
また高度な技術や器械を使用しないと作製できない自費の義歯については、補綴治療と同様に高い技術と最新設備を導入している技工所に依頼し作製を行います。

矯正

近年、小児の頃より顎が小さいなどの理由で、いわゆる不正咬合(かみ合わせ不良)が増加しています。

歯を動かしやすく、成長期を利用する小児矯正は確実に装着すれば結果を出しやすくまた費用も抑える事が可能で、万が一ブラケット治療などの2期治療が必要になったとしても、小児矯正の1期治療を行っていれば抜歯本数を極力少なくしたり、後戻りしにくいなど、メリットが大きいため、当院ではできるだけ早めに誘導を行う事を重要視しています。(ただし症例によって治療法は異なります)

埋伏抜歯

埋伏抜歯とは「親知らずなど垂直や水平に埋まっている歯を抜く事」です。
親知らず周辺はブラッシングがやりにくく、親知らず周囲の歯肉が炎症を起こすと大きな痛みを伴います。
痛みを我慢しすぎると顔が腫れ、麻酔や飲み薬が効かなくなる程放置すると、点滴や入院まで必要になる場合もあります。
当院では親知らずに関する炎症に対して、その時に抜歯できるかできないかを適切に判断し、症状が酷い場合は提携しているお医者さんに直接連絡し点滴の依頼や投薬をお願いして、炎症が引いてから抜歯します。
抜歯はできる限り短時間で行うことを重要視し、術後の経過を少しでも良好に保つようオペを行うよう心がけています。
また小帯形成術、口唇粘液嚢胞、口唇血管腫、埋伏過剰歯摘出術や各粘膜疾患の診断などもおこなっており、必要な場合は適切な治療がおこなえる病院への紹介等もできます。

インプラント

当院で一連の治療を行っておられる患者さんで信頼関係が構築できている方に限り、欠損部をインプラントで希望される方には、名古屋のインプラント歯科医によるカウンセリングと治療を当院で受ける事が可能です。
インプラントは殺菌や消毒、器具の滅菌等が非常に重要です。
オペの際には、当院のスタッフとインプラント歯科医のスタッフが、互いに協力して準備してオペを行います。
※インプラントの埋入に関しては、治療状態等を整えるため当院にて治療を受けられた方のみが対象となります。

歯周病治療、歯周外科、予防

歯を失う原因としてまっさきにあげられるのは歯周病です。
歯の根を支えている骨が減ってしまう病気で多くの方がこの歯周病で悩んでおられます。
歯周病は進行してしまうと歯がグラグラになってしまい、また口臭の大きな原因にもなります。
歯周病治療は治療、日頃の適切なブラッシング、定期的な早めのメンテナンスが重要です。
当院では定期的なメンテナンスを特に重視しており、歯科衛生士と協力しながら口腔内の清潔維持に努めています。

審美分野

保険治療、自費治療に関係なく、歯科技工士と相談しながら治療を行い自費については豊富な材質から選択する事も可能です。
方針としてはかぶせものや義歯は自費治療を無理強いしない事を開院当初から心がけています。
近年は3D技術の進歩により、小臼歯(今後は大臼歯も適応される場合あり)は金属を使わないブロックからパソコンを通じて削り出して作製する「CADCAM冠」が認可され普及されつつあり、当院でも多数の症例があります。

レーザー

当院ではYAGレーザーを以前より導入しており、口内炎の治療や、殺菌などで利用しています。

マウスピース

顎関節症や歯ぎしり、食いしばりなどに対して治療や予防を目的としてマウスピース治療を行っております。
顎関節の症状は関節そのものの機能障害の要素が大きい場合もありますが、実際にはストレスからくる歯ぎしりや食いしばりが原因となって様々な顎関節の症状が出現している事が多く、マウスピースを使用する事で症状が消失または軽減する事も多いです。